So-net無料ブログ作成

5/20「みんなで赤ちゃんを守ろう!ベビーカー利用安全教室inてっぱく」が開催されます! ~子育て応援とうきょう会議 ベビーカー利用に関するキャンペーン~ [子育て]

5月1日~31日子育て応援とうきょう会議によるベビーカー利用に関するキャンペーンが実施されます。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2014/04/20o4p300.htm

キャンペーンの一環として5月20日に「みんなで赤ちゃんを守ろう!ベビーカー利用安全教室inてっぱく」が実施されます。

http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2014/04/DATA/20o4p300.pdf

応募はこちらから
http://adto.jp/teppaku/
日時
平成26年5月20日(火曜日)10時00分から16時00分まで
場所
鉄道博物館(通称:てっぱく)埼玉県さいたま市大宮区大成町三丁目47
主催
子育て応援とうきょう会議 東日本旅客鉄道株式会社 東武鉄道株式会社 西武鉄道株式会社 京成電鉄株式会社 京王電鉄株式会社 小田急電鉄株式会社 東京急行株式会社 京浜急行株式会社 東京地下鉄株式会社 相模鉄道株式会社 新京成電鉄株式会社 東京都交通局 関東鉄道協会 日本地下鉄協会
対象
お子さまを含む1組最大5名さまを計1,000名ご招待(入場料無料)
応募期間
平成26年4月25日(金曜日)~5月12日(月曜日)


案内PDF「ベビーカー利用安全教室 in てっぱく」を開催します!
http://www.keisei.co.jp/keisei/kouhou/news/140425_03.pdf#search='%E3%83%99%E3%83%93%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E5%88%A9%E7%94%A8%E5%AE%89%E5%85%A8%E6%95%99%E5%AE%A4+in+%E3%81%A6%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%81%8F'



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

30日深夜再放送NHKスペシャル 調査報告女性たちの貧困~"新たな連鎖"の衝撃~ さらに若者のホームレス問題を取り上げた首都圏ネットワークはHPから見られます [子育て]

若者の間で深刻化する貧困について取り上げたNHKスペシャルの再放送があります。
NHKスペシャル 調査報告女性たちの貧困~"新たな連鎖"の衝撃~
再放送 2014年5月1日(木)午前0時40分~1時29分(30日深夜)
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2014/0427/index.html
10代20代の女性の間で深刻化する貧困の実態を描いた今年1月のクローズアップ現代「あしたが見えない」。放送後、番組サイトが異例のページビューを記録した。通常8千程度のページビューが、60万を超えたのである。そして、寄せられたのは「他人事では決してない」という切実な声だった。いま、若い女性たちの間で何が広がっているのか。取材を進め見えてきたのは、親の世代の貧困が、子の世代へと引き継がれ、特に若い女性たちに重くのしかかるという“現実”だった。番組では、厳しい生活にあえぐ若い女性たちの知られざる実態のルポを通して、“新たな貧困”を見つめていく。

また過去に放送された内容ですが、HPから動画で見ることができます。

「プロジェクト2030」見えないホームレス
http://www.nhk.or.jp/shutoken/net/report/20121001.html#
動画が見られます。
シリーズ「プロジェクト2030」。
西暦2030年に、40歳前後になる若者に、いま、何が起きているのか注目します。
今日のテーマは、急増する「見えないホームレス」です。
仕事に就かないまま社会に出る若者が急増する中で、路上生活をする人も少なくありません。
家族や社会との関わりが失われ、行政や支援団体の目も届かない人たちです。
孤立する若者の姿を追いました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

ビッグイシュー基金『社会的不利・困難を抱える若者応援プログラム集』 [子育て]

ホームレスの人々の自立を支援するビッグイシュー基金が、『社会的不利・困難を抱える若者応援プログラム集』作成しています。
http://www.bigissue.or.jp/activity/info_14033101.html

ビッグイシュー基金では、若者ホームレス支援事業に続く2013年度の事業として、社会的困難を抱える若者を応援するためのネットワークづくりに取り組んできました。
個別的な支援をこえ、若者が抱える複合的な問題を互いに連携して解決していくために、若者支援団体が分野の垣根を越えてそれぞれのプログラムを共有するためのツールとして『社会的不利・困難を抱える若者応援プログラム集』をつくりました。



『社会的不利・困難を抱える若者応援プログラム集』
<カラー・A4サイズ・116ページ> (制作:社会的困難を抱える若者応援ネットワーク委員会/特定非営利活動法人 ビッグイシュー基金)

制作にあたっては、数多くの団体にヒアリングをさせていただき、首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)で活動している40団体以上の具体的なプログラム内容をはじめ、70団体以上の活動概要、また各分野で抱えている課題を共有するためのコラムなどを掲載しています。若者応援プログラムに関わるみなさまに、ご活用いただけたらと思っています。

ご希望の方には無料で必要冊数をお送りいたします。(ただし、送料のご負担をお願い致します)ご希望、お問い合わせは下記のビッグイシュー基金・代表メール tokyo@bigissue.or.jp もしくはFAX:03-6802-6074でご連絡ください(担当:吉武・中村)。

なお、冊子のお申し込みをいただく際には、下記の内容をお伝えください。

(1) お名前
(2) ご住所
(3) ご所属(特にない場合はその旨お伝えください)
(4) ご連絡先
(5) プログラム集の使途(簡単で結構です)

相談に来られた若い当事者への役立つガイドとして、他団体の若者支援の取り組みを調べる参考資料として、ぜひ支援の現場でご活用ください。

????????????????????????????????????????
何か支援をしたい方、自分でも新たな取り組みをしたい方の参考にもなると思います。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

僕たちはどう働くか フォローする 生き方が職業になる時代 元俳優の軌跡 クリエイター 小橋賢児(1) [ワーク・ライフ]

子役のころから見てましたからね。

早いかもしれませんが、セカンドキャリアはだれにもあること。

元俳優ではない生き方、じっくり読んでみてください。


僕たちはどう働くか
フォローする
生き方が職業になる時代 元俳優の軌跡
クリエイター 小橋賢児(1)

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0403X_Q4A410C1000000/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

6/14(土)育休後カフェ@流山が開催されます [子育て]

各地で好評な育休後カフェ 6月に流山で開催されます。

http://www.hikarue.org/info_event/248

項目  内容
 日時 6月14日(土)10:00~12:00
 会場 流山市生涯学習センター2F(和室)
 対象者
仕事をしながら子育てしている(したい)方 (性別問わず、産休・育休中でもOK)
同じ立場の人と地域でつながりをつくりたい方
 内容 参加者の関心の高いテーマ(申込時の情報をもとに設定)について語り合うワークショップ
 料金 1500円 (ランチは別途600円)
 保育 なし(同伴可)
 定員 15名
ファシリテーター  育休後コンサルタント 山口理栄氏
タイムテーブル
主催者挨拶
自己紹介(15分)
ディスカッションA(20分)
発表・質疑(5分)
ディスカッションB(20分)
発表・質疑(5分)
講評・まとめ(10分)
オマケ講座(10分)
アンケート(5分)
yamaguchi
 講師
育休後コンサルタント 山口 理栄氏
 講師プロフィール
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

こどもの城 最後のGW GW特別期間2014「こどもの城のゴールデンウイーク特別期間 あそびはこどものゴハンだ」 [子育て]

GW特別期間2014「こどもの城のゴールデンウイーク特別期間 あそびはこどものゴハンだ」
http://www.kodomono-shiro.jp/info/whatsnew/317.html

来年の3月いっぱいで閉館が決まっている渋谷のこどもの城。

先日その前を通ったらこいのぼりがいっぱい青空を泳いでいました。

GWは、今年が最後になりますが、イベントも盛りだくさん。

親子で楽しんでください。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

ここにもイクボスの記事が パパよ休みを取ろう、育児分担で女性の活躍後押し [子育て]

パパよ休みを取ろう、育児分担で女性の活躍後押し-安倍成長戦略 (1)

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N47U1R6TTDS001.html#

記事から抜粋

育ボス
明治安田生命保険 は、休暇を取得しやすい雰囲気作りが必要と、12年度から職員の休暇取得を管理職の評価に取り入れた。人事部・ダイバーシティ推進室の淡路なな恵氏(3月末時点)は、「自分の評価のために休暇を取るのは男性の中では美しい姿には映らない」とし、休暇取得が「所属組織への貢献につながるという仕組み」作りを工夫した。
具体的には男性が連続5日以上育休を取得すると、1人10点加算する一方、無届けで午後7時半を過ぎる残業をした場合や午後9時以降に退社した場合は5点減点する。得点は所属別に開示される。結果として営業職員を除いた職員の平均勤続年数(12年度)が男性で前年度比1カ月延び19年7カ月、女性は同8カ月延び15年2カ月となった。
政府も育休取得の環境づくりが必要だとして、管理職を教育する「育ボス」政策を進めている。森担当相は、「みんなボスの顔色をうかがって仕事しているわけだから、会社全体に制度があっても、育児休暇を取りますなんて言えない」とし、上司が部下の育休取得を促す必要があると強調した。
高度経済成長時代の戦略として男女の役割は分けられ、女性は専業主婦、男性は仕事だけやってきたと、東レ経営研究所の塚越氏は話す。このため、同氏は「育児をしながら出世する男性のロールモデルが不足している」と指摘。管理職にも今後は離職率の低さや、育休から復帰した人が活躍しているかなどが新たな評価として求められると、課題を挙げる。



わざわざイクボスて言わなくてはいけないのが現状ですが、

育児だからとか介護だからとか関係なしに、会社の中で1つの役割しかしない、できない人は会社にとっても迷惑な存在です。
自分のつたない経験でマネジメントもどきで害毒をまき散らしている人は、さっさと帰る、休む、あなたがいなくても会社は回りますから安心してください。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

日経デュアルアンケート募集中 [人材]

「PTA」「母の日」「イクボス」アンケート実施中!

http://dual.nikkei.co.jp/information/article.aspx?id=2519


アンケートその1
「小学校のPTAで、困った経験やギモンはありませんか?」
 小学生の子どもを持つパパ、ママにとって、4月はPTA役員決めの季節。早速、PTA活動が始まったという人も少なくないはず。そこで、日経DUALでは「小学校のPTA」についてのアンケートを実施します。

・PTAをやっていて、「こんなとき困った!」「やってて良かった!」
・PTAはまだやったことないけど、経験者にどんなことが大変か聞いてみたい
・PTAのココを改善すればもっとうまくいく!という改善案を持っている
・未経験者の人に、これだけは伝えたい!
など、ぜひ、皆さんのギモンや不安、体験談をお寄せください。ご協力、よろしくお願いします。

●アンケートはこちらから
「小学校のPTA、ここが気になる!」アンケート
アンケート募集期間:4月18日~4月25日23:59まで

アンケートその2
「上司にかけられて嬉しかった一言を教えてください」
 大人気連載中の「DUAL式 イクボス養成講座」では、上司(職場)についてのアンケートを実施します。

 妊娠中や育休中、産後、仕事復帰後、上司や同僚からこんな言葉をかけられて「嬉しかった!」「ドン引きした…」などの体験エピソードを募集します。

 また、皆さんの身近にいる上司についてもお伺いします。今の会社にイクボスがいる方は、どんなイクボスか具体的に教えてください。ぜひ、ご協力いただけますよう、お願いいたします。

●アンケートはこちらから
「あなたの上司はどんな上司?」アンケート
アンケート募集期間:4月16日~4月25日23:59まで

皆さんの体験談、お待ちしております。

アンケートその3
「母親に教わって感謝していることは?」
 日経DUALでは、毎週土曜日の日経新聞朝刊に綴じ込まれている日経プラスワンと共同で「母の日」アンケートを行っています。

・母親に教わって感謝していること
・これから母親に教わりたいこと

この2つについて、あなたの経験をお聞かせください。例えばこんな感じで…
「夫との結婚を迷っていたとき、しゃがんで子どもと話す夫をみて一言。『ああいう人はいい』。その言葉に結婚を決意しました。正解でした」
「夜9時に寝て朝6時に起きる生活を習慣づけてくれた。テレビが見れずにケンカしたが、おかげで今も健康です」
「父と母は口げんかをしていても、気づくといつも仲良くおしゃべり。どうやって夫婦げんかの後で仲直りをしていたのかを教えて欲しい」

 ぜひ、ご協力いただけますよう、お願いいたします。

●アンケートはこちらから
「母親に教わって感謝していることは?」アンケート
アンケート募集期間:4月18日~4月24日23:59まで
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

イクボス・ロールモデルインタビュー第1回 仲木威雄さん(さわかみ投信株式会社 取締役) [子育て]

NPO法人ファザーリング・ジャパンの「イクボスプロジェクト」は、子育て中の社員のキャリアとライフを応援する管理職を養成する事業です。そのお手本となる現役管理職「イクボス」たちのインタビューを掲載しています。

第1回 仲木威雄さん(さわかみ投信株式会社 取締役)

http://ikuboss.seesaa.net/article/395193192.html

「出産祝い金100万円」だけではない、同社と仲木さんの地道かつしつこい取り組みをご紹介。

自分色に染めたがるボスまだまだいますね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

小学校低学年の交通事故、5~7月14~18時に多発…警察庁 [子育て]

小学校低学年の交通事故、5~7月14~18時に多発…警察庁

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140418-00000004-resemom-life
小学校低学年の交通事故は、5~7月に多発する傾向にあることが、警察庁が4月10日に公表した調査結果からわかった。時間帯では、午後2時から6時までが6割以上を占めており、下校時や放課後の活動中に事故に遭うケースが多い実態が浮かび上がった。

自己の時間帯別割合

 調査では、平成21年から平成25年まで過去5年間の交通事故を分析。特徴や対策をまとめた。

 小学生の歩行中の事故は、低学年ほど多い傾向にあり、特に小学1・2年生の5~7月に多発していた。時間帯では、「午後4~6時」が34.1%、「午後2~4時」が30.5%で、午後2時から午後6時までが64.6%に上った。

 法令違反の有無では、「違反あり」が67.3%に上り、違反内容は「飛び出し」がもっとも多かった。通行目的では、「登下校」(31.3%)、「遊戯」(19.7%)、「訪問・買い物」(17.5%)の順に多かった。

 警察庁では、これらの特徴を広報するとともに、学校関係者と連携した交通安全教育、下校時刻を中心とした通学路などの見守り活動、事故発生実態を踏まえた交通環境整備などの取組みを強化していくとしている。
春から初夏にかけて増加が目立つ交通事故の特徴と対策について
https://www.npa.go.jp/toukei/koutsu/memo/jikobunseki.pdf
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

5/2~11 細川貂々 個展「てんてんてん」が開催されます [子育て]

細川貂々 個展「てんてんてん」

5月2日〜5月11日
開始時間: 11:00・終了時間: 18:00
ギャラリー・雑貨 のびのび荘
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-18-6


https://m.facebook.com/events/487467881358821

細川貂々さんの初個展!イラストやグッズ、今まで出した本に加え原画の販売もあるようです。

最新刊は「リボンちゃん」かな?
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000033070579&Action_id=121&Sza_id=C0

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

子どもはテレビやゲームの時間を勉強時間とトレードするのか-小学校低学年の子どもの学習時間の決定要因-を読んでみよう [子育て]

子どもはテレビやゲームの時間を勉強時間とトレードするのか-小学校低学年の子どもの学習時間の決定要因-
http://www.rieti.go.jp/jp/publications/nts/13e095.html

(概要より)
本研究は、小学校低学年の子どもがテレビやゲームをする時間が増えると、その分勉強する時間が減るのか、という疑問に答えることを目的としている。逆に言えば、もしテレビやゲームを禁止すれば、子どもの勉強時間は増えるのだろうか。本研究では、21世紀出生児縦断調査(厚生労働省)という2001年に出生した子どもを長期にわたって追跡した大規模データを用いて、小学校低学年の子どもらの家庭での勉強時間がどういう要因によって決定されているのかについて検証を行った。

本研究の分析結果から得られた結論は、テレビやゲームは勉強時間を減らす効果を持つが、それは殆ど無視できるほどに小さいものであり、テレビやゲームの時間を制限したからといって、勉強時間を増やす効果を持たないというものである。具体的には、1時間の追加的なTV視聴やゲーム使用は、男子でわずかに1.86分、女子で2.70分の勉強時間を減らすにすぎない。

また、子どもや親に関する観察不可能な要因(子ども自身の能力や親の教育熱心さなど)を制御すると、兄弟や祖父母との同居などの家族構成や親の働き方は、子どもの勉強時間に影響しない。すなわち、母親が仕事をやめても、子どもの勉強ができるようになるわけではない。しかし、親が勉強について子どもとどのような関わりを持っているかということは極めて重要である。具体的には、「勉強するように言う」というのは効果が低くむしろ逆効果になる場合もあるが、勉強するのを横についてみていたり、勉強する時間を決めて守らせることの効果は高い。また母親のほうが父親よりも子どもの勉強に対して関わっているが、父親の関わりが子どもの学習時間を増加させる効果は高く、同性の子ども(息子)には特に効果が高い。

こうしたことから、本研究から導き出される政策的なインプリケーションは次のようなものであると考えられる。第1に、子どもの学習時間の増加のためには、親の関わり方が重要である。具体的には、勉強するのを横についてみていたり、勉強する時間を決めて守らせることが必要であるが、これは必ずしも血のつながった「親」である必要はない。そこで現在も全国約1万カ所で実施されている「放課後子ども教室」のような地域のボランティアが宿題の手助けなどを行う事業は、子どもの勉強に対する親の関わりを一部肩代わりしてくれ、子どもの勉強時間の増加につながる可能性が高い。また、勉強時間が親の関与の影響を強く受けるとすると、学校での学習時間を減らすと、家庭格差は学力格差となり、教育は格差の世代間継承の装置となってしまう。こうしたことはほかの研究でも指摘されており(たとえばKawaguchi 2013など)学校週5日制は子どもの学力の格差を拡大する可能性が高いため、同制度については見直しも含めて議論されるべきである。


結局子どものことをよく見て、子どもの話を聴くそこをしっかりやることが基本だと改めて思いました。

その先には、訊く、ほめる、しかるけど怒らない。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

gaccpスタートしましたね [子育て]

「gacco」は、大学教授陣による本格的な講義を、
誰でも無料で受けられるウェブサービスです。

http://gacco.org/

講座スタートしました。開講中募集中の講座は以下の通り。
日本中世の自由と平等
インターネット
国際安全保障論
オープンエデュケーションと未来の学び
経営(マネジメント)入門

これからも続々と開講されます。

大人が学ぶ機会が増えていますが、その時間をどうやって産み出すのか?

目の前の、仕事しかしていない人たち、それをやるためにも外へ目を向けることも大切ですよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

なんと、専業主婦・兼業主婦ともに家庭でのストレスの原因1位「旦那」 [ワーク・ライフ]

なんと、専業主婦・兼業主婦ともに家庭でのストレスの原因1位「旦那」

http://news.livedoor.com/article/detail/8739188/


抜粋
家庭生活のストレスの原因を尋ねると、専業主婦・兼業主婦ともに1位は「旦那」。旦那の何に対してストレスを感じているのかを尋ねると、こちらも専業主婦・兼業主婦ともに「家事・育児を手伝わない」が最多だった。また、ストレスの原因の2位は、専業主婦・兼業主婦ともに「子ども」であったが、専業主婦では半数以上の人が回答しているのに対し、兼業主婦では「子ども」と回答したのは3割以下だった。


「手伝い」と言っている時点でストレスの塊になりそう。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

4/19,20 今週末ですアースデイ2014 [子育て]

アースデイ東京2014

http://www.earthday-tokyo.org/


いよいよ今週末です。


ちょっとお天気心配ですが雨天決行です。

FJブースも絵本ライブやバルーンなどなど楽しいイベントで皆様をお待ちしてますよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

日経新聞「女性に優しく」勘違いなくせ ダイキン・井上会長に聞く 産休社員の早期復帰を支援 [子育て]

「女性に優しく」勘違いなくせ ダイキン・井上会長に聞く 産休社員の早期復帰を支援

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDR0700G_Y4A400C1TY5000/(有料記事)

抜粋
(2)女性の活躍推進に今なぜ、力を入れるのか。
 「グローバル市場では新しい顧客が常に加わり、ニーズが急変している。
過去の成功体験に固執して、『新卒採用の日本人男性社員』で組織を固めたままでは市場ニーズの変化に対応できない。女性を含め多様な人材の活用なしに世界市場で競合他社に勝てない」

1つの見識だと思います。

気になる点

女性を含め多様な人材の活用のためには、多様な考えかた働き方ができるようにする。

そのためには、早期復帰を望まない、できない社員に対しても同じように支援することも必要だと考えます。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

<政府税調>配偶者控除「103万円の壁」見直し議論開始 [子育て]

「103万円超えないように働かなきゃ」という声働く側からも雇う側からも良く聞きますが、
税制の縛りで働き方が変わるって本来本末転倒ですよね。

税調だから税金の公平さに注目するのは当たり前なんでしょうが、そんなお国の都合のためではなく、国民ひとり一人の生活やキャリアのために、どうあるのがより望ましいのか本筋の議論をしてください。

増税を目的化せずに、結果的に納税額が増えることができるのが選ばれた政治家の役割でしょ。



<政府税調>配偶者控除「103万円の壁」見直し議論開始
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140414-00000086-mai-bus_all


政府税制調査会の委員でもある土居 丈朗氏( 慶應義塾大学経済学部教授)の解説。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/takerodoi/20140414-00034487/
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

5/25 第2回 オレンジリボンフォーラムが開催されます [子育て]

第2回 オレンジリボンフォーラムが開催されます。
基調講演は、「うんこ!」でおなじみのサトシンさんです。
座席ふわふわのホールですww 皇居も近いですよ。

http://www.orangeribbon.jp/info/npo/2014/04/525.php


日時 : 2014年5月25日(日)  12時開場 13時開演~16時閉場

場所 : 日経ホール (大手町)  アクセス⇒  http://www.nikkei-hall.com/access/index.html
      千代田区大手町1-3-7

内容 : 成城学園初等学校 合唱  
             2012年全国大会で金賞を受賞 2013年は東京都本選金賞と
             すばらしい実績を持つ合唱です。子ども達の素敵な歌声を
             ぜひ、お楽しみください。

      講演 「お話から寄り添う心と心」   絵本作家サトシンさん
             作品 「うんこ!」では、数々の賞を受賞。
             NHK教育テレビ「みいつけた!」で放送された「おててえほん」
             を発案、普及。そんなサトシンさんの絵本を通しての子どもとの
             ふれあいのお話が聞ける予定です。

      トーク&ライブ  川嶋あいさん
             WiSHのaiとして「明日への扉」でメジャーデビュー。
             その後、ソロ川嶋あいとしても活躍。昨年デビュー10周年を迎え、
             さらに魅力的になられたあいさんのトークと歌をお楽しみ頂けます。

      オレンジリボン運動について
             2014年度オレンジリボン運動公式ポスターコンテストが行われ、
            その表彰式が行われます。また、子ども虐待の現状や子ども虐待
             防止のために私たちができることを考える場びしたいと思います。

さらにホワイエでは、いくつもの楽しいブースをご用意しています。
 ・有名サロンのスタイリストによるヘア・メイクの体験
 ・プロのカメラマンによる写真撮影
 ・ハンドリフレクソロジーやベビーマッサージの体験
 ・サンプル配布やゲームでのプレゼントget
 ・ぬり絵やお子さんとのモノづくり体験
等など・・・いろいろと楽しいことを用意しています。
ぜひ、お誘いあわせのうえ、遊びにきてください。

チラシはこちら ⇒ orange_omote_11.pdf  orange_ura_10.pdf

お申し込みは不要です。直接、会場へお越しください。但し、定員を超えた場合
入場を制限させて頂きます。何卒、ご了承ください。
託児をご希望の方は、メールにてお申込みください。 メールアドレス⇒ info@orangeribbon.jp

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

NHK モタさんの“言葉” [子育て]

ムスメが図書館で斉藤茂太さんの本を借りてきた。

鋭いとか、凄いとか大きな声で感想を言いながら読んでいます。

こんな番組あるよと教えてあげたのがこれ。

また再放送もやっていますが、ネットでもやっています。

モタさんの“言葉”
「モタさん」の愛称で親しまれた精神科医の斎藤茂太(さいとうしげた)さんは、2006年に90歳で亡くなりました。優しく、穏やかな人柄で、家族や心をテーマにした随筆を数多く出版しました。その著作は、今でも、多くの人の心をとらえ続けています。心の悩みを抱える人たちに、生き方のヒントを与えてくれるモタさんの言葉。番組は、絵本の読み聞かせ形式で、「心の名医」のメッセージを伝えます。心にしみいる「言葉の処方箋」で、元気と勇気がわいてくる5分間です。

http://www3.nhk.or.jp/d-station/program/mota/
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

4/11~6/10 平成26年度「児童虐待防止推進月間」の標語募集(厚生労働省) [子育て]

子どもの虐待防止、これも様々な要因が絡んでいて一つずつ地道にやっていかなければいけませんが、大人の責任です。

平成26年度「児童虐待防止推進月間」の標語を募集します 期間は本日から6月10日(火)まで


http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000042748.html


1.趣  旨
 児童虐待に関する相談対応件数は依然として増加しています。特に子どもの生命が奪われるなどの重大な事件も後を絶たず、児童虐待問題は社会全体で解決すべき重要な課題となっています。虐待の発生予防、早期発見・早期対応から虐待を受けた子どもの自立に至るまでの切れ目のない総合的な支援が必要です。
 こうした状況の中で、厚生労働省では毎年11月を「児童虐待防止推進月間」と定め、児童虐待問題に対する社会的関心の喚起を図るため、集中的な広報・啓発活動を実施しています。(平成16年度から実施)
 平成26年度も、この取り組みの一つとして、児童虐待問題に対する理解を国民一人ひとりが深め、主体的な関わりを持てるよう、意識啓発を図ることを目的として、標語の募集を行うこととします。
2.募集内容
(1) テーマ
 上記1の趣旨を簡潔に表現していて、児童虐待問題に関し、国民一人ひとりの意識啓発を図るのにふさわしい、簡潔で覚えやすい標語。  
(2) 応募資格
 特に制限はありません。どなたでも応募できます。
3.募集期間
 平成26年4月11日(金)から6月10日(火)。
 郵送の場合は、当日消印有効とします。
4.応募方法
(1) 応募にあたっての注意点
 ・ご自身で創作した未発表の作品に限ります。
 ・作品は一人につき1作品応募可能です。※2作品以上応募の場合は無効です。
 ・応募作品は、返却いたしません。
 ・指定の応募方法による応募以外は無効です。

(2)個人で応募する場合の方法
 郵便はがきに作品と郵便番号・住所・氏名・年齢・職業・電話番号をご記入の上、下記の宛先へお送りください。
 電子メールによる応募も可能です。その場合、記入いただく内容は、郵便はがきによるものと同様です。

(3)学校などで複数人の作品をまとめて応募する場合
 (学校の場合を例として記載していますが、学校以外でまとめて応募することも可能です。)
 ・郵送で応募する場合
 1作品ごとに必ず学校名、学年、氏名、年齢をご記入ください。
 作品を書いた紙(応募数分)と、連絡先(学校の郵便番号、住所、電話番号、担当者氏名)を記載した紙(1枚)を同封のうえ下記宛先まで郵送ください。
 ・メールで応募する場合
 作品を一覧表にまとめ、メールで送付ください。一覧表には作品ごとに学校名、学年、年齢、氏名を記入ください。一覧表の余白やメール本文に、必ず連絡先(学校の郵便番号、住所、電話番号、担当者氏名)を記載ください。

(4)応募宛先
 児童虐待防止推進月間に開催する「子どもの虐待防止推進全国フォーラムinわかやま」 (主催:厚生労働省、共催:和歌山県及び和歌山市)の共催事務局標語募集担当あてに応募してください。)

○電子メールの場合
jidou-hyougo@city.wakayama.lg.jp
 ・ メールの題名は「標語の応募」としてください。
 ・ ファイルを添付する場合は、Word、Excel、一太郎又はテキスト形式のいずれかによりお願いいたします。

○郵送の場合
 〒640-8043
 和歌山県和歌山市福町40
 和歌山市こども総合支援センター 標語募集担当 宛


(参考)過去の標語最優秀作品(平成17年度より募集)
    平成17年度  気づいたら 支えて 知らせて 見守って
    平成18年度  あなたの「もしや」が子どもを救う。
    平成19年度  きこえるよ 耳をすませば 心のさけび
    平成20年度  助けての 小さなサイン 受け止めて
    平成21年度  守ろうよ 未来を見つめる 小さなひとみ
    平成22年度  見すごすな 幼い子どもの SOS
    平成23年度  守るのは 気づいたあなたの その勇気
    平成24年度  気づくのは あなたと地域の 心の目
    平成25年度  さしのべた その手がこどもの 命綱

5.選  定
 1作品を最優秀作品(厚生労働大臣賞)として決定します。

6.発  表
 最優秀作品は、9月以降に本人へ通知するほか、厚生労働省ホームページなどで発表します。

7.表  彰
 11月24日(祝・月)に開催予定の「子どもの虐待防止推進全国フォーラムinわかやま」(和歌山県和歌山市)で、賞状を授与します。(予定)

8.標語の活用
 今回の募集により選定した標語(最優秀作品)は、国で作成する啓発ポスターに使用するほか、児童虐待防止推進月間に全国各地で実施される広報・啓発活動などで幅広く活用します。
 なお、著作権は厚生労働省に帰属します。

9.照会先
 厚生労働省 雇用均等・児童家庭局 総務課虐待防止対策室
   TEL 03-5253-1111(内線:7800)

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000042748.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

改めて 立川晴の輔真打昇進披露パーティ [落語]

4月6日(日)ホテルニューオータニで開かれた立川志の吉改め立川晴の輔真打昇進披露パーティ。

会場は、家元談志師匠のお別れの会の会場。


テーブルの数81。参加者730名余り。


とにかく人人人。リザーブをしてくださる方だけで100人規模です。


前の方のテーブルには見たことのある顔、開始前に芸人さんたちがあいさつに回っていました。

司会は、元フジTVの山中アナウンサー、メインテーブルには、吉川潮先生、山藤章二画伯、高田文夫先生に家元のお子様松岡姉弟、仙人のようなお方は、神津友好先生かしら?

会場には、落語会などで見かける顔もちらほら。

志の輔師匠の一番弟子。ただし、その前には何人一番弟子がいたのか?その中で生き残ったこの一番弟子。

ここまでは、本人からも聞いたことありました。先輩という方に会った方もいました。


しかし、実はこの残った一番弟子も一度逃げ出していたことがあるという話を先日のよみうりホールでの昇進落語会で初めて知りました。

志の吉さんに初めて見た時の印象は、正直あの志の輔使用の一番弟子にしては華がないなぁ。でした。

でも、何回か高座を見て、たまに、お酒を一緒に飲ませていただいたりもしましたが、だんだん思ったのが、楽をしない人だなぁということ。道が二つに分かれていたら自ら大変な道を選ぶ、自分が行きたい道を選ぶ人。

まさに、師匠も認めるがんこもの。

今までのがんこさが、しっかりこの日に結びついていると感じたいいパーティでした。

栗コーダーカルテットにミスターマリックとゲストもメリハリきいてました。


日常生活を取り戻してからニュー晴の輔師匠の落語がどう変わるのか?変わらないのか?

自分より若い噺家さんの成長を一緒に見ていけるのは楽しみでしかありません。


師匠とお出迎え
DSC06338.JPG


やっぱりD
DSC06346.JPG

師匠から免状代わりに
DSC06388.JPG


鏡開き
DSC06419.JPG

お食事(前菜)
DSC06424.JPG
ゲストさん
栗コーダーカルテット
DSC06443.JPG


ミスターM
DSC06472.JPG




大根踊り 副団長が全部持ってきました
DSC06466.JPG


この2ショットも久しぶりに見ました
DSC06495.JPG

締めは高田先生の三三七拍子じゃなくて三本締め
DSC06526.JPG
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

6/8 キン・シオタニ 立川晴の輔『キンぱれ vol.2 〜落語と絵描きで何するの?〜-こどもキンぱれ-』が開催されます [落語]

真打昇進高座&パーティが無事終了した晴の輔師匠。


先週からチケット発売中。お近くの方もちょっと遠い方も親子連れでぜひどうぞ。

なんかグッズもくれるそうですよ。

2014年6月8日(日)
『キンぱれ vol.2 〜落語と絵描きで何するの?〜-こどもキンぱれ-』
会 場  ギャラクシティ西新井文化ホール
出 演  キン・シオタニ(絵描き)/ 立川 晴の輔(落語家)
時 間  開場13:30/開演14:00
料 金  3おとな3,500円、こども(高校生以下)1,500円(全席指定)
※当日券はそれぞれ300円アップ。
※3歳以下の入場はご遠慮下さい。※西新井文化ホール友の会会員は前売りおとな価格からのみ300円引き。
★入場者全員に当日キンぱれオリジナルグッズをプレゼント!
発売日 2014年4月4日販 売
①e+(イープラス) http://eplus.jp/ ※おとな席のみの販売。
②ギャラクシティ窓口販売9時~20時 電話予約03-5242-8161(発売日翌日~) インターネット予約 http://www.galaxcity.jp/
③足立区内販売窓口 販売時間9時~20時まで
※庁舎ホール平日のみ9時~17時まで。平野運動場9時~17時まで。生涯学習センター(学びピア21内)、千住温水プール、千住スポーツ公園、庁舎ホール(足立区役所内)、総合スポーツセンター、東綾瀬公園温水プール、スイムスポーツセンター、平野運動場、各地域学習センター(竹の塚、中央本町、東和、佐野、舎人、保塚、江北、興本、伊興、鹿浜、梅田、花畑、新田)
※ギャラクシティ及び足立区内販売窓口では、発売初日はお座席のご指定がいただけません。
座席選択は翌日からとなりますので、ご了承ください。
主 催 ギャラクシティ指定管理者 あだち未来創造ネットワーク /(株)じゃんま
企画・制作  やさしいきもち -wedding party-公演/
チケットに関するお問合せ ギャラクシティ 西新井文化ホール 事業担当 tel: 03-5242-8161

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

gooddoでワンクリック [子育て]

どこにクリックするか悩みますね。PCやスマホ駆使していろいろご協力お願いします。

FJ関連

FJQ
http://gooddo.jp/gd/group/fjqpapa/

FJ
http://gooddo.jp/gd/group/fatheringjp/

FJK
http://gooddo.jp/gd/group/fjkansai/

タイガー
http://gooddo.jp/gd/group/tigermaskfund/

コヂカラ
http://gooddo.jp/gd/group/kodikara/

オレンジリボン
http://gooddo.jp/gd/group/orangeribbon/
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

4/7 日経新聞夕刊 娘が思春期、育メン悩む 成長し体と心が変化どう接すれば… 絆を保ちたい/大人として認めて [子育て]

4月7日夕刊
娘が思春期、育メン悩む
成長し体と心が変化どう接すれば… 絆を保ちたい/大人として認めて

http://www.nikkei.com/article/DGKDASFE0102W_T00C14A4NNMP00/

自分の経験からしても、この時期に親にべったりよりは自我、自立でもがく時期だと思います。

第2反抗期についての記事

激しい反抗期を親はどう乗り越える?~【2】思春期
思春期にあたる「第二反抗期」には、なにかと親に反発し、距離を置こうとする子が増えます。親はこの行動をどう捉え、どう接すればいいのでしょうか?
http://allabout.co.jp/gm/gc/387227/


以前(2012年5月)、NHKすくすく子育てジュニアでも取り上げられたことがありましたが、今後FJでも発信していこうと思います。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

立川晴の輔真打披露パーティへ行ってきしました。詳しくはまた明日 [落語]

立川志の吉改め立川晴の輔(はれのすけ)真打披露パーティーへ行ってきました。

出席者730人、会場は、家元談志のお別れの会を開いた場所と同じ。

志の輔師匠や豪華な出席者にサプライズゲスト。

それを全てかっさらっていた感があるのが、農大の大根踊り。


素敵な空間でした。


詳しくは、また。


先週の落語会の記事。
http://www.news24.jp/entertainment/news/1633249.html

志の吉さん.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

2013 年度 NPO 法人ファザーリング・ジャパン WAM 助成金活動報告 [子育て]

2013 年度 NPO 法人ファザーリング・ジャパン WAM 助成金活動報告が掲載されています。

http://fathering.jp/news/wam2013

PDFはこちら
http://fathering.jp/pdf/Report_WAM_2013.pdf

参加した全国フォーラムでの文京区の成沢区長のコメント
・子育て支援と言われているものは、実は親への支援が多い。子どもへの直接的な支援は現金給付する等分けて考えることが必要。

というのが、今でも大事だなと思います。

厳しいかもしれませんが、最終的に子どものためになっているのか?

それが大事だと僕は思ってます。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

~4/21まで 千葉県子ども・子育て会議委員の募集 [子育て]

千葉県でも子ども・子育て会議の設置が決まり、公募委員の募集が始まりました。

21日17時15分締切です。

会議は2年間で9回(平成26年度は7回程度、平成27年度は2回程度)開催です。


千葉県では、幼児期の学校教育・保育、地域の子ども・子育て支援を総合的に推進するため、「千葉県子ども・子育て支援事業計画」を策定します。
この計画の策定にあたっては、地域の子育てに関するニーズを反映していくことを始め、子ども・子育て支援施策が地域の子ども及び子育て家庭の実情を踏まえて実施されるよう、子ども・子育て支援従事者や公募委員(保護者)等からなる「千葉県子ども・子育て会議」を設置し、県民の皆様と協働して取り組んでいきたいと考えております。
つきましては、同計画の策定・推進について意見提案等をしていただける委員を募集いたします。
千葉県の幼児期の学校教育・保育等に関心をお持ちの方など、多数の皆様の応募をお持ちしています。

https://www.pref.chiba.lg.jp/jika/boshuu/2013/kodomokosodatekaigi01.html


国や多くの自治体ですでに開催されています。

子ども・子育て会議推進応援団のHPに情報が掲載されています。

http://kosodateouendan.sblo.jp/

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

5/24 にっぽん子育て応援団 結成5周年記念フォーラム「いよいよキックオフ! 子ども・子育て支援新制度」が開催されます [ワーク・ライフ]

にっぽん子育て応援団 結成5周年記念フォーラム
 「いよいよキックオフ! 子ども・子育て支援新制度」

http://nippon-kosodate.jp/topics/topics.cgi?ID=00202

  4月1日から消費税が8%にアップ。増税分から3000億円が子ども・子育て予算として計上されています。平成27年度から始まる「子ども・子育て支援新制度」に向けて、家計がかさんだ分だけ、子ども・子育て支援の拡充がなされているか、しっかりとチェックしていく必要があります。いよいよキックオフ間近となった新制度が身近に感じられるかもしれません。わがまちでの子ども・子育て会議も、事業計画策定が本格化。すべての子どもと子育て家庭にしっかり届き支えるしくみを、地域のみんなでつくることができるかどうか、これからが正念場です。

 ■日 時:2014年5月24日(土)13:30~17:00 (受付開始13:00)
 ■会 場:大妻女子大学千代田学舎A棟150教室 
     (東京都千代田区三番町12)
 ■対 象: 子ども・子育て支援NPO/市民活動団体・行政職員・幼児教育&保育関
       係者・企業・労組・子育て当事者など
 ■定 員: 250名 
 ■参加費: 1,500円(資料代含む)※要事前振込み。
       下記口座からお振込みください。
 ■保 育: ひとり1,000円(生後6カ月以上のお子さま)※要事前申し込み。   

 ☆プログラム☆
 ◇プロローグ◇ 結成から5年 「これまでの、そしてこれからの応援団」
  ・厚生労働省事務次官 村木厚子さんを囲んで
   にっぽん子育て応援団企画委員とともに語り合います。
   コーディネーター:樋口団長&堀田団長

 ◇オープニング◇ 「いよいよキックオフ! 子ども・子育て支援新制度」
   平成26年度の自治体予算調査報告
   勝手に表彰「予算活用してるで大賞」

 ◇パネルディスカッション◇ 「みんなでつくる 地域子育て支援」
  先進自治体の現況報告と課題解決に向けたこれからの動き
  ・新宿区長 中山 弘子さん
  ・北本市長 石津 賢治さん
  ・相模原市子ども・子育て会議会長 岡 健さん
  ・墨田区子ども・子育て会議公募委員 荘司 美幸さん
  ・内閣府 参事官 長田 浩志さん
  コーディネーター:勝間団長&岩田企画委員

 ○お申し込み  
 ◆インターネットで  https://ssl.formman.com/form/pc/KMGBkrG7qHmIgUHJ/
 ◆ファクシミリで   FAX:03-3269-3314
  ①氏名 ②所属 ③TEL ④メールアドレス ⑤保育の有無を明記。

 ◆資料代振込先
  ゆうちょ銀行 〇一九支店0318481 にっぽん子育て応援団
  三菱東京UFJ銀行 赤坂支店 普通 0021924
  ニッポンコソダテオウエンダン ダンチョウ ヒグチケイコ

 ◆お問い合せ先:にっぽん子育て応援団 info@nippon-kosodate.jp
結成5周年記念フォーラムちらし

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

4/4 ―新しい家族のあり方について皆で考えよう―特別養子縁組推進月間記念シンポジウムが開催されます [子育て]

4月4日は何の日か知ってますか?

日本財団“ハッピーゆりかごプロジェクト”では多くの関係団体に呼びかけ、「4月4日」を「ようしの日」として約1カ月、特別養子縁組推進月間としてキャンペーンを実施することにしました。

すべての子どもが愛されて育つ社会を目指し、負の連鎖が続かぬことを願い、本シンポジウムをキャンペーン月間の最初のイベントとして、皆で「新しい家族」について考える機会にできればと思います。


―新しい家族のあり方について皆で考えよう―
特別養子縁組推進月間記念シンポジウム

http://happy-yurikago.net/2014/03/632/

ハッピーゆりかごプロジェクトとは
http://happy-yurikago.net/#about
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

改めて「子育て世帯臨時給付金」について 急に出てきた「子育て給付金」 なぜあまり報道されない? [子育て]

急に出てきた「子育て給付金」 なぜあまり報道されない?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140401-00000012-wordleaf-pol&p=1

私の地元の自治体のHPでは、具体的な支給方法はまだ決まっていないままです。


こまめにチェックしていきましょう。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。